新着情報

2021.01.28工場・倉庫における熱中症対策・暑さ対策⑩ 窓ガラスに貼る遮熱材

工場倉庫における熱中症対策

⇒熱中症対策・暑さ対策① 熱診断・熱解析から施工まで

⇒熱中症対策・暑さ対策② アルミ遮熱シート実施例

⇒熱中症対策・暑さ対策③ 熱解析計算例<劣化した金属屋根、窓面積が広い倉庫>

⇒熱中症対策・暑さ対策④ 屋根の熱対策まとめ<6項目>

⇒熱中症対策・暑さ対策⑤ 熱の伝わり方<放射とは?>

⇒熱中症対策・暑さ対策⑥ アルミ遮熱シート長期効果検証その1

⇒熱中症対策・暑さ対策⑦ アルミ遮熱シート長期効果検証その2

⇒熱中症対策・暑さ対策⑧ 施工実績

⇒熱中症対策・暑さ対策⑨ 倉庫実証結果2020夏

 

工場・倉庫の熱中症対策・暑さ対策⑩ 窓ガラスに貼る遮熱材

工場・倉庫における熱中症対策は、管理者にとって非常に悩ましい問題であります。

これまで、熱中症対策として、主に屋根に対する遮熱について説明を行ってきました。

今回は、窓ガラスから侵入する熱量を抑制する遮熱材について、

ランプを用いた実験を行い、効果について確認を行いました。

 

<ガラスに貼る遮熱材>温度上昇試験

試験方法を以下に示します。

ガラス板:ソーダライムガラス(200×200×5mm)

ライト:白熱電球レフランプ100W

 

試験サンプル

①遮熱メッシュシート(金属蒸着メッシュシート)をガラス板の約5mm下に設置

②遮熱フィルムA(可視光透過重視)をガラス板裏面に貼り付け

③遮熱フィルムB(遮熱性重視)をガラス板裏面に貼り付け

④アルミ遮熱シート(キープサーモウォール)をガラス板の約5mm下に設置

 

試験結果

 

結果まとめ

「遮熱メッシュシート」は、遮熱効果は薄いものの、手軽に設置できるメリットがある。

「遮熱フィルム」は、いずれのタイプも十分な遮熱効果となっており、明るさを活かすのであれば最有力候補となる。

「アルミ遮熱シート」は、温度上昇をほぼ抑制できる「最強の遮熱材」。明るさがなくなってしまうことはデメリット。

窓ガラスからの熱侵入を抑制する代わりに、明るさを犠牲にできるのであれば、アルミ遮熱シートが候補となる。

 

実際のランプ温度上昇試験の状況は、以下の動画、リンクもご参照ください。

>

 

>

>

>

 

 

アイベック千葉営業所を見学したい方は、歓迎いたします。

工場・倉庫の熱中症対策・暑さ対策でお困りの方は

熱計算、対策、施工見積もりの相談まで

是非、株式会社アイベックまでご一報ください。

関口(eyebec236@eyebec.co.jp)

 

⇒熱中症対策・暑さ対策① 熱診断・熱解析から施工まで

⇒熱中症対策・暑さ対策② アルミ遮熱シート実施例

⇒熱中症対策・暑さ対策③ 熱解析計算例<劣化した金属屋根、窓面積が広い倉庫>

⇒熱中症対策・暑さ対策④ 屋根の熱対策まとめ<6項目>

⇒熱中症対策・暑さ対策⑤ 熱の伝わり方<放射とは?>

⇒熱中症対策・暑さ対策⑥ アルミ遮熱シート長期効果検証その1

⇒熱中症対策・暑さ対策⑦ アルミ遮熱シート長期効果検証その2

⇒熱中症対策・暑さ対策⑧ 施工実績

⇒熱中症対策・暑さ対策⑨ 倉庫実証結果2020夏