新着情報

2019.07.12工場・倉庫における熱中症対策④ 屋根の侵入熱量低減対策まとめ<6項目>

⇒熱中症対策① 熱解析から暑さ原因を検討する

⇒熱中症対策② スレート屋根の熱対策<アルミ遮熱シート実施例>

⇒熱中症対策③ 熱解析計算例<劣化した金属屋根、窓面積が広い倉庫>

⇒熱中症対策⑤ 熱の伝わり方を理解する<放射とは?>

 

工場・倉庫においては、

一般の環境よりも高温多湿となる場合が多く、

熱中症になる確率が高くなります。

健康管理を徹底するとともに、

熱中症の起こりにくい職場環境を整えることが重要です。

しかし、一般的な現場においては、

あらゆる対策を打てないことがほとんどであり、

より効率的かつ継続的な対策が求められています。

今回は、工場・倉庫において、

屋根から侵入する熱量を低減することによる

屋内温度低減対策についてまとめました。

 

屋内温度の低減対策

以下に、屋内温度を低減させるための対策を示します。

 

特に重視したいところは以下の2点である。

・効果的に熱量を低減することができるか

・5年以上経過しても効果を維持できるか

その点においては、

「対策⑤屋根下にアルミシート」については、

室内に施工するという点で経年劣化がほとんどなく、

屋根熱を放射率0.05のアルミシートで遮蔽することができ、

室温で10℃以上温度低減する効果を見込め、

さらには比較的低予算で施工できるという点で、

是非、オススメである。

 

1点だけ気を付けたい点で、

不燃かつアルミ箔を用いたアルミシートを選択すべきである。

不燃にすることで万が一の際にも延焼に寄与することなく、

アルミ箔を用いることでより低放射率となり、遮蔽能力が高まる。

例:(株)サンユー印刷「キープサーモウォールスペシャル(不燃)」

 

 

「対策②高反射率塗料」も、

高反射率、低汚染、高耐候の塗料を選択することで、

経年劣化なく高効果となり、

さらには屋根の高寿命化にもつながることからオススメである。

ただし、ガルバリウム鋼板のような元々高反射である屋根においては、

高反射率塗料を施工しても大きな効果が期待できないため

注意が必要である。

 

「対策④断熱塗料」も、

低汚染であることと、厚みをつけても割れにくい塗料を選択することで、

経年劣化なく高効果となることから、オススメしたい。

ただし、塗膜厚みについては1mm以上としないと、

断熱効果が現れにくいことから、注意が必要である。

 

「対策⑥空調機で排熱」については、

性能を選ぶことで最も効果的ではあるものの、

運用費が莫大にかかることに加えて、

猛暑時運用で故障につながることが懸念される。

他の熱低減対策と併用していくことが必須である。

 

この他の対策については、

それぞれの懸念事項について十分に熟慮して採用する必要がある。

 

まとめ

今回は、工場・倉庫において、

屋根から侵入する熱量を低減することによる

屋内温度低減対策についてまとめました。

効果的に熱量を低減することができ、

5年以上経過しても効果を維持できる対策は、

長い目で見るとそれほど多くはありません。

それぞれの特徴、懸念事項を考慮した上で採用し、

場合によっては、2つ以上の対策を併用することもオススメしたい。

 

⇒熱中症対策① 熱解析から暑さ原因を検討する

⇒熱中症対策② スレート屋根の熱対策<アルミ遮熱シート実施例>

⇒熱中症対策③ 熱解析計算例<劣化した金属屋根、窓面積が広い倉庫>

⇒熱中症対策⑤ 熱の伝わり方を理解する<放射とは?>

 

工場・倉庫における熱中症対策についてお困りの方は

熱計算、対策、施工見積もりの相談まで

是非、株式会社アイベックまでご一報ください。

関口(eyebec236@eyebec.co.jp)