新着情報

2019.05.29工場・倉庫における熱中症対策① 熱解析から暑さ対策を検討する

⇒熱中症対策② スレート屋根の熱対策<アルミ遮熱シート実施例>

⇒熱中症対策③ 熱解析計算例<劣化した金属屋根、窓面積が広い倉庫>

⇒熱中症対策④ 屋根の侵入熱量低減対策まとめ<6項目>

⇒熱中症対策⑤ 熱の伝わり方を理解する<放射とは?>

 

ここ最近毎年のように、本格的な夏を迎える前から気温が上昇し、

熱中症による死亡事故も発生しております。

業務上熱中症死亡災害でみると、建設業、製造業で半数以上を占めており、

ここ最近では、特に屋内作業での増加が目立ってきております。

 

工場・倉庫においても、熱源、日射などの輻射の影響で、

外気温よりも室内温度が高くなるケースが多く、

風もなく、湿度も高くなることから、

WBGT値(暑さ係数)が基準値を超えて、熱中症となるリスクがより一層高まっております。

 

厚生労働省では「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」が提唱され、

重篤な災害を防ぐため、事業場での設備対策など、

職場における熱中症予防対策の徹底を周知啓発しております。

 

熱中症対策として、作業計画の見直し、作業服の改善、水分塩分の補給などの対策はありますが、

ここでは、「工場・倉庫の作業環境の改善」に絞り、以下の2点で、話を進めていきます。

1.暑さの原因を、熱解析から把握

2.暑さ対策を検討する

 

1.暑さの原因を、熱解析から把握

工場・倉庫の暑さの原因は、熱解析から簡易的に計算することが出来ます。

具体的には、以下の手順で行う。

 

計算事例について、以下に示します。

 

 

全熱量に対する各部位における熱量の計算結果を下図に示します。

 

このモデルにおいては、屋根から侵入する熱量が多いことが分かります。

 

2.暑さ対策を検討する

対策として、以下を想定してみます。

 対策① 屋根に高反射率塗料を塗る

  (日射吸収率0.8→0.3)

 対策② 屋根下にアルミ遮熱シートを施工

  (熱貫流率5.9→1.7)

 対策③ ①+②のダブル対策

 対策④ ①+②+外壁に高反射率塗料

 

 

ここでは、屋根、外壁について改修することで、

全熱量が75%ダウン、8℃温度低減できる可能性を予測することができました。

熱対策として、送風機、除湿機、クーラーの導入は効果的ですが、

省エネ節電のために、大きな熱源を遮断することはまず最初に実施すべきであります。

 

ここでの計算では、ある一定の条件下でのモデル解析であり、

開口部、換気の影響については考慮しておりません。

ただし、各部位の影響度を知ることで、暑さ対策への設備計画の一助となります。

 

⇒熱中症対策② スレート屋根の熱対策<アルミ遮熱シート実施例>

⇒熱中症対策③ 熱解析計算例<劣化した金属屋根、窓面積が広い倉庫>

⇒熱中症対策④ 屋根の侵入熱量低減対策まとめ<6項目>

⇒熱中症対策⑤ 熱の伝わり方を理解する<放射とは?>

 

工場・倉庫における熱中症対策についてお困りの方は、

是非、株式会社アイベックまでご一報ください。

関口(eyebec236@eyebec.co.jp)